次の休みにここへ行きたくなる 関東甲信で人気の工場見学7選

見学イメージ画像

せっかく工場見学に行くなら、

・とにかく楽しめる場所!
・みんなでシェアできて話題性のある場所!
・思い出に残る場所!

に行きたくないですか?

数ある関東甲信の工場の中で、私の一押しは静岡県にあるキリンディスティラリー富士御殿場蒸留所です!
首都圏からあえて足を伸ばすことで、

・とにかく空気がおいしい!
・工場に行くまでの道中で富士山が見える

など工場に向かっているときから非日常を味わえるため、かなりの気分転換になります!
さらに、こちらは一つ一つの展示に様々な工夫がこらされていて、五感で工場を楽しむことができるめずらしい工場です。

まずは私の一押しキリンディスティラリー富士御殿場蒸留所でとくにおもしろいポイントをお話します。
そのあと、私がこれからぜひ行きたいと思う見所満載な工場をご紹介します。
工場見学のランキングによく出てくる人気のスポットから、体験型の楽しい工場まで、独断と偏見でいろいろ揃えてみました。

いつもとちょっと違った時間を過ごせること間違いなしかと思いますので、ぜひ週末の予定を立てる際の参考にしてみて下さい!

目次

1. 五感で楽しめる工場見学! キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所

それでは、私の一押し!富士山の麓、静岡県御殿場市にあるキリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所にご案内しましょう。
東名高速御殿場ICを降り、国道138号線を案内の看板に従って走らせていくと、エンブレムのある煉瓦色の建物が出迎えてくれます。

こちらはキリンが所有する唯一のウィスキー蒸留所で、ウィスキー「富士山麓」のほか杏露酒や、おなじみの「氷結」を製造しています。

この日は「富士山麓うまさの秘密体感ツアー」に参加しました。
内容としては、

・シアタールームでのプロジェクションマッピング鑑賞
・ウイスキーに含まれるいろいろな香りを体験する「香りの体験」コーナー
・蒸留や熟成のプロセスやパッケージングの現場を見て回った後に試飲をする

という約70分の見所満載な無料ツアーで、この中で私が「特にここがいい!」と思ったポイントをお話しします。

1-1. 高いのも納得!? ウイスキーが熟成していくプロセスが見られる

ウイスキーは、最初は無色透明だってご存知でした?
ここでは、樽に詰めた直後の状態と、3年・6年・12年・20年熟成した状態が並べて展示されていて、その変化が分かるようになっています。
年月が経つとともに色が無色透明から琥珀色に変わっていくのは、熟成していく間に出る樽木の成分によるものだそうです。

さらに、水分やアルコールが蒸発することによって、量も減っていきます。
20年も経つとかなり量が減っていて、長年熟成したというのがよく分かります。どうりでウイスキーの値段は高いわけですね!

ちなみに、熟成中に量が減っていく現象は「天使の分け前」「天使の取り分」と呼ばれるそうです。
これは、天使がウイスキーをおいしくする手伝いをする代わりに、分け前をもらっていくからだそうで、なんともロマンチックですよね。

それにしても20年熟成後の状態は「分け前」というには相当な量が消えていて、天使がよほどの大酒飲みなのか、熟成庫にものすごく大量の天使が住んでいるのかのどちらなんだろうか、と思ってしまいます。あれを「天使の分け前」と名付けた人のセンスに感心しますね。

1-2. プロジェクションマッピングが見事な蒸留器エリア

キリンディスティラリーでは、ウイスキーの製造工程で使用する蒸留器を3種類使い分けており、それらすべてをガラス越しに見ることができます。
想像していたよりもはるかに大きく、化学工場を覗いている気分になります。機械好きな方にはこれだけでも楽しいでしょう。

見学エリアでは、以前に使用されていた蒸留器を自由にさわれるのですが、なによりもおもしろいのは蒸留器とプロジェクションマッピングのコラボレーションです!
後半で蒸留器が湯気を上げる様子が映し出されるのはなかなかの迫力です。
この映像を見たあとは、実物の蒸留器にも愛着がわいて、見るのも触るのも力がこもりました。

1-3. 工場見学ではめずらしい 香りの体験

あなたは、ウイスキーの香りを嗅ぎ分けられますか?
ウイスキーの香りは、原料、製造方法、自然環境、樽の種類、熟成年数によって変わってきます。
香の体験エリアでは、それらを構成する要素の

・フルーツの香り
・花の香り
・メイプルシロップやチョコレートのようなスイーツの香り
・スモークの香り

といった4種類の香りを体験できます。私も色々な工場をみてきましたが、嗅覚を使う展示方法はかなりめずらしいですよね。
同じ香りを嗅いでいるのに、「洋ナシの匂いがした」「いや、メロンの匂いだった」と人によって受け取り方が違うのもなかなかおもしろいところです。

1-4. メインイベントはこれ!? ウイスキーがこんなにおいしいとは…

見学を終えると、いよいよお待ちかねの試飲です。
試飲はウィスキーとノンアルコールが用意されているため、お酒が飲めない方でも楽しめます。

ウイスキーを受け取るとグラスの中身に意識がいきますが、そのグラス自体によく注目してください。
なんと、グラスの底に富士山があるんです!透明なガラスの富士山が、ウイスキーの色を映して綺麗な琥珀富士になっています。
これはなんともお洒落ではないですか!

試飲は、
・ウイスキー「富士山麓 樽熟原酒50°」
・ウイスキー「富士山麓 Signature Blend」
の2つをいただきました。

う、うまい!!!!!

やっぱり出来立てのウイスキーは違いますね!
「富士山麓 樽熟原酒50°」のほうがさっぱりしていて、「富士山麓 Signature Blend」はパンチがきいていて、甘味があります。
正直私はこれまでウイスキーの美味しさがそんなに分からなかったのですが、これを飲んだらさすがにファンになりますわ!というくらい美味しかったです。
きっとその要因としては、

・来るまでの過程でおいしい空気を吸った(味覚?)
・プロジェクションマッピングを見た(視覚)
・香りを体験した(嗅覚)
・ガイドさんの説明を聞いた(聴覚)
・蒸留器に触った(触覚)

と、五感をフル活用したあとに飲んだからですかね。普段飲むウイスキーとは格段においしさが違います。
あとは、味そのものがおいしいのとは別に、製造工程に携わる方々の思いが感じられて、ウイスキーがいとおしく思えたのもあるかもしれません。
こんなにおいしいものを作られているキリンディスティラリーさんがさらに好きになりました。

1-5. 工場見学限定グッズが手に入るファクトリーショップ

(手前のテーブルは試飲コーナー 奥にファクトリーショップがあります)

試飲コーナーにはファクトリーショップも併設されていて、工場見学限定グッズが並んでいます。
ひとくちに「限定グッズ」と言っても、

・柿の種チーズ味(試飲の時にもいただけます)
・ウイスキーケーキ
・ここでしか買えないウイスキー「DISTILLER’S SELECT (シングルグレーン・シングルモルト)」
・試飲で使われた富士山のグラス

など、いろいろなものがあります。
ちなみに、工場見学や試飲をせずにお買い物だけをすることもできますが、リピーターさんでない限りはせっかく来たなら工場見学はした方が楽しいですよ!

見学ツアーが終わったら、酔い覚ましがてら屋上の展望台に行ってみてください。
天気がよければ富士山が見えますよ!

空気も景色もいい環境で、見る・聞く・触る・飲む・嗅ぐの五感をフル活用した工場見学は、日常を忘れてリフレッシュするのに最適です。首都圏から日帰りで行ける数少ないウイスキー蒸留所ですので、お時間がつくれた際にはぜひ足を運んでみて下さい。

施設情報

最短アクセスJR御殿場線「御殿場」駅 タクシー20分。
東名高速御殿場ICから6km。
無料送迎バス御殿場プレミアム・アウトレット~JR御殿場駅~キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所を1日2往復。定員26名・先着順。
駐車場あり(見学者は無料)。
大型観光バスは4台まで。
併設ショップあり。
屋上展望台・建物裏の「キリンの森」は自由に見学可能。
「キリンディスティラリー 富士御殿場蒸溜所」の詳細情報はこちら

「富士山麓うまさの秘密体感ツアー」情報

日時休館日・年末年始を除く全日
1日11回(9:00、9:30、10:00、10:30、11:00、11:30、13:00、13:30、14:00、15:00、15:20)
所要時間70分(試飲時間含む)
人数1回につき2名~40名
料金無料
休館日月曜日(祝日の場合は営業、次の平日が休館)、年末年始
予約2~9名のグループの見学は、3ヶ月前の1日~前日15:00までインターネットから予約可能。それ以外は電話予約。

見学ツアーは一日に開催される回数が多いのと、一回の定員も多いので、時間にこだわらなければ当日参加も可能です。
また、実際の熟成庫も見学できる有料ツアー「「富士山麓」原酒こだわりツアー(1000円)」が土・日・祝日に開催されていますので、よりディープにウイスキーを知りたい方はそちらもご検討下さい。
珍しいツアーなのに直前でも申し込める可能性のある、穴場のツアーです。

2. 大人も子供も飛行機にときめく【JAL工場見学 Sky Museum(東京都)】

[おすすめポイント]
大迫力の飛行機が間近に見れて、一緒に撮影もできます。
展示コーナーでは制服を着て記念撮影ができるので、インスタ映えまちがえなし!

年末年始以外は毎日開催されている工場見学コースでは、

・飛行機について学ぶ航空教室
・制服を着て記念撮影ができる展示エリア
・整備中の飛行機が見学できて記念撮影もできる格納庫

などをまわり、飛行機について理解を深めながら、展示エリア・格納庫で記念撮影ができます。

2-1. 飛行機と空港についてお勉強 航空教室(約30分)

航空教室では、飛行機が飛ぶ仕組みや羽田空港についてを学びます。
ここで飛行機についての理解を深めておきましょう。

2-2. 見どころがいっぱいで時間が足りない 展示エリア(約30分)

展示エリアは、

・歴代機体のミニチュアや制服が並ぶ「アーカイブズエリア」
・運航乗務員、客室乗務員、整備士、空港スタッフ、グランドハンドリング&貨物スタッフの各仕事を紹介する「仕事紹介エリア」
・制服を着て記念撮影ができる「制服体験エリア」
・機内座席、機内食、機内サービスなどを紹介する「新商品・サービス紹介エリア」
・さまざまな職種のJALスタッフになれる「顔マッピング」

とたくさんのコーナーがあります。

見学時間は約30分とられていますが、展示物がたくさんありますし、展示物の写真撮影ができるので混雑するでしょう。
展示エリアは、この時間だけではなく入館受付後は自由に回れるので、早めに受付を済ませて展示エリアを回ってしまうのをおすすめします。

2-3. 運が良ければ滑走路にも近づける 格納庫見学(約40分)

最後に、いよいよ格納庫へ行きます。
どんな機種が見られるかはその時の整備状況次第ですが、飛行機に詳しくない人でも大きな飛行機をすぐ近くで見ると、その大きさに興奮するでしょう。

また、格納庫の扉が開いている時は、ギリギリまで滑走路に近づくことができます。
離発着する実際の飛行機を見るのはもちろん、その際の音を生で聞くことができるのは、大人にとっても子供にとっても貴重な体験になりますね。
格納庫内は撮影可能ですので、普段は至近距離でなかなか撮れない飛行機のショットをばんばん撮りましょう!

2-4. 予約は4か月以上前からとるのがおすすめ

このツアーは完全予約制で、土・日・祝日は予約可能になった途端に満席になる激戦です。
夏休み・冬休みの時期以外の平日はやや取りやすくなりますが、それでも4か月くらい前になると満席です。予約はできるだけ早く押さえましょう。
ただ、1~2か月前になるとキャンセルで少し空きが出る日時が出てきますので、少人数なら予約できる可能性があります。予約状況をこまめにチェックしてみて下さい。

施設情報

最短アクセス東京モノレール「新整備場」駅 徒歩2分
駐車場なし。
自家用車・自転車での来場は不可。
併設売店あり
「JAL工場見学 Sky Museum」詳細情報はこちら

見学ツアー情報

日時年末年始以外の毎日
1日5回(10:00、11:30、13:00、14:30、16:00)
所要時間約100分
人数1回につき1名~100名
料金無料
予約インターネット予約限定。見学日の6か月前 9:30から予約可能。
注意・小学生以下は見学不可
・小学1・2年生は、5人に1人の割合で成人の同行が必要
・小学3~6年生は成人の同行が必要

3. あのラーメンが自分で作れるシアワセ【カップヌードルミュージアム横浜(神奈川県)】

[おすすめポイント]
チキンラーメンを小麦粉から作ったり、好きなスープ&トッピングのカップヌードルを作ったり、身近な商品を自分で作っていく楽しみがあります。
NHK連続テレビ小説「まんぷく」の予習・復習になるかも!

自分オリジナルのカップヌードルが作れる「マイカップヌードルファクトリー」が有名な体験型ミュージアムですが、本当の目的は展示を通して日清食品創業者・安藤百福の創造的思考を体験し、子供の想像力・探求心を育てることだってご存知でした?

安藤百福は、放映中のNHK連続テレビ小説「まんぷく」の主人公のモデルにもなっていますので、「まんぷく」の予習・復習にも良いかもしれません。

ここでは、世界の麺料理が味わえる「NOODLES BAZAAR」の他にも

・マイカップヌードルファクトリー
・チキンラーメンファクトリー
・カップヌードルパーク

といった楽しいアトラクションが目白押しですので、詳しくご紹介していきます。

3-1. 小麦粉からチキンラーメン製造を体験 チキンラーメンファクトリー

「チキンラーメンファクトリー」では、小麦粉から麺を作るところまでを体験して、油で揚げて仕上げてもらったチキンラーメンを自分でデザインしたパッケージに詰めて持ち帰れます。
チキンラーメンを食べ慣れていても、自分が作ったチキンラーメンはまた違った味がするでしょう。

時間1日8回(10:15、11:00、11:45、13:15、14:00、14:45、15:30、16:15)
所要時間90分
人数1回につき48人
料金中学生以上:500円、小学生:300円(入館料別途
予約電話・インターネットから、見学日の3か月前 10:00~前日18:00まで予約可能。
当日受付の有無は、チキンラーメンファクトリー受付カウンターに直接問い合わせる。
特典参加者全員に「ひよこちゃんバンダナ」をプレゼント
注意・対象は小学生以上
・2人1組のペアで体験するので、偶数人数での申し込みを推奨
・1人の申し込みはできない
・小学1~3年生は、必ず中学生以上と2人1組のペアとなること
・参加者以外 (未就学児・乳幼児を含む) は、ベビーカーや抱っこひもを使用していても会場に入れない。

3-2. 5460通りの組み合わせから自分好みの味を作る マイカップヌードルファクトリー

「マイカップヌードルファクトリー」では、自分がデザインしたカップに好きなスープとトッピングを詰めてオリジナルのカップヌードルを作れます。
その組み合わせの数はなんと5,460通り!どのスープとどのトッピングを組み合わせるか思う存分悩んで、自分だけのカップヌードルを作ってみましょう!

なお、混雑時は1人1食までとアナウンスされていますので、いろんなセットをたくさん作りたい欲張りな方は、空いている平日を狙って複数作るか、何度もミュージアムに足を運ぶか、どちらかにしましょう!

時間1日10回(11:00、11:30、12:00、12:30、13:00、13:30、14:00、14:30、15:00、15:30)
所要時間45分(できあがりまでの目安)
料金1食300円(入館料別途
予約利用券つき入館券、もしくは当日配布される整理券が必要
注意・翌々月までの利用券つき入館券は、ローチケで前日24:00まで販売
・整理券は先着順配布、なくなり次第当日の受付を終了
・整理券配布状況はサイトの「本日の混雑状況」で確認できる
・「利用券つき入館券」が販売予定枚数に達した場合でも、当日の整理券配布は行われる。

3-3. 子供だけしか遊べないアスレチック カップヌードルパーク

「カップヌードルパーク」は、自分が麺になって、カップヌードルが工場から出荷されるまでのプロセスを体験できる、子供限定のアスレチック施設です。
大人は入れてもらえないアトラクションがどうなっているのかは、実際に行ってきた子供さんから聞いて、くやしがりましょう。

所要時間30分(利用時間 25分)
料金1回300円(入館料別途
予約不要
注意・アスレチック施設なので、安全管理には十分注意する
・滑りやすい靴、脱げやすい靴での参加は不可
・利用可能なのは3歳以上小学生以下、かつ身長90cm以上
・未就学児には保護者(妊婦は不可)の付添いが必要
・3歳未満の子供は、保護者の付き添いがあっても入場不可。

3-4. 麺料理のパラダイスに限定丼が降臨 NOODLES BAZAAR

「NOODLES BAZAAR」では、世界各国の麺料理とデザートが楽しめます。
ここでの目玉は、なんといっても「謎肉丼」でしょう。
土・日・祝日に29食限定のこのメニュー、その名のとおりカップヌードルにトッピングされているサイコロ状の肉(通称・謎肉)がたっぷり載った丼です。
確保するのに大変競争率が高いメニューですが、食べられたら大変うらやましがられる一品です。

3-5. 人気のアトラクションは予約しておきましょう

ミュージアムの入場に予約は必要ないですが、どうしても体験したいアトラクションは予約をしておくほうが確実でしょう。

予約可能な「チキンラーメンファクトリー」「マイカップヌードルファクトリー」のどちらも、開催回数が多いので他の工場見学の予約よりは押さえやすいです。
しかしながら、土・日・祝日や平日の昼前後の予約は早く埋まってしまうので、日時が決まっている場合は早めに押さえましょう。

ちなみに、土・日・祝日の予約が埋まる目安は、
・チキンラーメンファクトリー:おおよそ1か月前
・マイカップヌードルファクトリー:遅くても2週間前
です。

施設情報

最短アクセスみなとみらい線「みなとみらい」駅 徒歩8分、「馬車道駅」駅 徒歩8分。
首都高速神奈川1号横羽線「みなとみらいIC」より5分。
駐車場40台(9:00 〜 19:00。19:00以降は出庫不可)
入館チケット提示で最初の1時間は無料、それ以降は30分毎に250円
開館時間10:00~18:00(入館は17:00まで)
休館日火曜日 (祝日の場合は翌日が休館日)、年末年始
料金大学生以上:500円 、高校生以下:無料
併設ショップあり
「カップヌードルミュージアム横浜」の詳細情報はこちら

4. 人気のお菓子ができる前の貴重な原料をゲット!【ガトーフェスタハラダ本社工場(群馬県)】

[おすすめポイント]
お洒落工場で、無料なのに試食が充実した工場見学。無料ドリンクコーナーまであります。
ラスクになる前のフランスパンは直営店でしか買えません!

ガトーフェスタハラダといえば、グーテ・デ・ロア(ラスク)で大行列ができたほどの人気の有名店ですね。
本社工場は「シャトー・デュ・エスポワール(希望の館)」といい、名前も建物も工場と思えないくらいお洒落で、本当にここが工場なんだろうかと少々戸惑います。

4-1. 製品も限定品も試食できる見学コース

工場見学の受付をすると、パンフレットと一緒に製品のラスクを1人1個いただけるので、無料ドリンクコーナーの飲み物と一緒においしくいただいてから出発します。
個人での見学にはガイドの方はつかないので、受付の際にイヤフォンガイド(無料)を借りて自由に見学をしましょう。

コースの途中には工場見学限定品もいただけますので、二度おいしい思いができます。

日時月曜日~土曜日(祝日も含む) 10:00~17:00(入場は16:40まで)
休館日日曜、1月1日、1月2日、1月3日
料金無料
予約20名以上またはバスで来館する団体は電話で要予約
注意12:00~13:00と16:00以降は、一部ラインが稼働していない場合がある

4-2. グーテ・デ・ロアの原料 フランスパンが手に入る

本社工場の隣には、これまた名前も建物もお洒落な直営店「本館シャトー・デュ・ボヌール」があります。
ここでおすすめしたい限定品はフランスパンです。
ラスクの原料になるフランスパンが、直営店でのみ販売されているのです。
ガトーフェスタハラダは、もともとは和菓子製造の傍らでパンも製造していました。その経験で作られたフランスパンからおいしいラスクが作られているというわけです。
グーテ・デ・ロアをご存知の方なら確実に喜んでもらえそうなお土産なので、ぜひご参考にどうぞ。

施設情報

最短アクセスJR高崎線「新町」駅 車3分、徒歩15分。
関越自動車道「藤岡JCT」を経由し上信越道「藤岡IC」から12分
駐車場60台
併設ショップあり(本館シャトー・デュ・ボヌール/10:00~19:00。1月1日休業)
「ガトーフェスタハラダ 本社工場」の詳細情報はこちら

5. できたてをいただく【めんたいパーク大洗(茨城県)】

[おすすめポイント]
関東では貴重な、できたてほやほやの生明太子が食べられます!

めんたいパーク大洗は、関東では数少ない(※)明太子のテーマパークです。工場見学、明太子ギャラリー、直売店、試食コーナー、フードコーナーがあります。
(※2018年11月時点では関東唯一。2018年12月13日にめんたいパーク伊豆がオープン予定)

5-1. 気軽に覗ける見学コース&明太子ギャラリー

めんたいパーク大洗の明太子工場は、全国にあるめんたいパークの中でも規模の大きいものです。
工場はガラス張りになっていて、自由に明太子が生産される工程を見学できるようになっています。
コース設定やガイドはないので、自分のペースで好きな工程を好きなだけ見学してください。

明太子ギャラリーでは、原料のスケトウダラの生態やスケトウダラ漁の様子を展示しています。
スケソウダラについての説明だけではなく、ゲームも設置されているので、子供にも楽しめます。。

工場稼働時間9:00~16:30(日曜・祝日の11:30~12:30は一時ストップ)
料金無料
予約不要

5-2. おなかいっぱい召し上がれ! できたての生明太子

そしてここに来たら絶対食べたいのが、その日できたばかりの明太子です!
できたてほやほやの明太子は、無料で試食できます。これは工場見学ならではの特典ですね。

試食では物足りない! おかわりが欲しい! という方は、フードコーナーへ行きましょう。
できたて明太子の入った約200gの大きなおにぎりが販売されています。おにぎりが大きいぶん、具の明太子も多いです。
このおにぎりの具は、できたて明太子・明太子&紅鮭ミックス・焼きたらこ・紅鮭の4種類があるので、食べ比べてみるのもいいでしょう。

さらにできたて明太子は、直売店でも販売されています。まだ食べ足りない時、他の誰かにも食べさせてあげたい時は、ここで買って帰ることができます。
生明太子は、めんたいパークでしか食べられませんし、買えませんので、食品を生産している工場へ行く特権を存分に味わって下さい!

施設情報

最短アクセス大洗鹿島線「大洗」駅 徒歩20分、タクシー2分。
北関東自動車道水戸・大洗ICから10分
駐車場普通乗用車120台、大型バス12台。無料。
営業時間年中無休 9:00~18:00
併設直売店、フードコートあり
「めんたいパーク大洗」の詳細情報はこちら

6. 二人の距離を縮めるレア体験【白百合醸造(山梨県)】

[おすすめポイント]
・共同作業をすることで、二人の距離が縮められる
・オリジナルの作品が作れるため、二人だけのお土産が手に入る
・ワイナリーの周辺も楽しめるので、デートコースにピッタリ!

併設のワイン工場は、19名以下なら無料でいつでも見学できます。
それとは別に有料体験コースが4つありますが、特にデートでおすすめしたいのが「生ワインのボトル詰め・オリジナルラベル作り」です。
有料で予約が必要にはなりますが、めずらしい体験を一緒にすることで彼女との距離がぐっと縮まることでしょう。
また、周辺に温泉や観光名所もあるので、一度に色々楽しめるのもいいですね!

6-1. 世界に一つだけ! オリジナルのデザインボトルにワインが詰められる体験コース

このコースは、

・生ワインをボトルにつめてコルク栓をする
・自分が詰めたボトルに、自分でデザインしたラベルを貼る

2つの体験が同時にできます(中身のワインは時期によって変わります)。

ワインの瓶詰体験ができる場所は他にもありますが、

・前日まで予約できる
・1本から瓶詰めできる
・ラベル貼りもできる
・一年中体験できる

のは大変めずらしいです。

ラベルは、当日に既存のデザインに自分の文字やイラストを足したり、オリジナルデザインのものを持参することもできます。
どちらにしても、どういうラベルにするか相談する時間は、楽しく悩んで二人の距離を近づけてくれるでしょう。

また、生ワインは冷蔵庫保存で1週間しか保たないので、次に会うための口実になります。
ワイナリーにガラス工房「がらす屋」が併設されているので、ここで買ったペアグラスに生ワインを注いで乾杯するのもいいでしょう。

日時不問
所要時間約20分
料金瓶詰めするワイン1本(720ml)につき1998円
予約・前日12:00までにインターネット・メール・電話・FAXから予約
・土・日・祝日はメール対応不可のため電話予約のみ
・月曜日の予約を土・日曜日に連絡する場合も電話で予約

6-2. ワイナリーの周辺も楽しめる

ワイナリーのある勝沼の近くには、

石和温泉や川浦温泉
・山梨の名物「信玄餅」の工場テーマパーク
・日本一と言われる渓谷「昇仙峡」

など観光名所もたくさんあります。ほうとうにフルーツと、おいしいものも豊富です。
おまけに、山梨県は宝石研磨・貴金属加工・流通が集中する場所なので、甲府近辺にはアクセサリーのショップが多くあります。
めずらしい体験とお土産、おいしい食べ物、見応えのある観光名所、のんびり温泉と一度にまとめて楽しめるので、いつもと違ったデートをするにはピッタリかと思います。
私もリフレッシュがてら近々行きたいです。

施設情報

最短アクセスJR中央線「勝沼ぶどう郷」駅 甲州市民バスぶどうコース1 等々力公民館前下車 徒歩10分。
中央自動車道勝沼ICより10分
駐車場乗用車30台、バス8台。無料。
営業時間年中無休(年末年始など、臨時休業する場合あり)
併設ショップ(9:00~16:30。状況により早く閉店する場合あり)、飲食施設あり
工場見学無料。いつでも可能(20名以上は要予約)
試飲無料・有料(グラス2杯 500円)あり
「白百合醸造」の詳細情報はこちら

7. ICから0分の工場見学&ビュッフェ【上里カンターレ(埼玉県)】

[おすすめポイント]
・ICを降りてすぐなので、立ち寄りやすい
・ちょっと工場見学もできて、お買い物やスイーツビュッフェまで楽しめる
・乳幼児や子供向けのスペースが充実していて、小さなお子様がいても安心して利用できる

関越自動車道のスマートICから1分かからないところにある、ビュッフェ、カフェ、ベーカリー、アウトレット、ショップ、クッキングスタジオ、パン工場、焼き菓子工場が詰まった複合施設です。
パン工場・焼き菓子工場は、ガラス越しに工場の様子が予約なしで見学できます。
食品工場の見学は小学生以下不可となっているところが多いですが、ここなら乳幼児連れのご家族も安心してプチ食品工場見学を楽しめます。

また、
・屋内外に子供が遊べるスペースがある
・授乳スペースがある
・月1回、3歳以上(※)が対象のスイーツ・パン作り体験教室が開催される(※小学生未満の子供は保護者の付き添いが必要)
と、乳幼児を連れたファミリーに優しい設備が揃っています。

パンやバウムクーヘンが焼きあがるのを見ていて、おなかが空いてきたら、ビュッフェに急ぎましょう。
スイーツビュッフェは平日15:30~18:00に開催されています。
スイーツビュッフェのはずですが、その前にイタリアンビュッフェがあるせいか、スイーツだけでなくパスタ、ピザ、カレーなどの軽食もあって、甘いものが苦手な方にも安心です。

ICの近くなので、ドライブの休憩がてらに昼食・軽食・ティータイムに立ち寄るのに最適です。
また、近辺には榛名山や伊香保といった観光地があったり、11月~1月のイルミネーションで有名な「ぐんまフラワーパーク」にも足をのばせるので、ファミリーだけではなくデートの時に立ち寄るのにも良いでしょう。

施設情報

最短アクセスJR 高崎線「神保原」駅よりタクシー10分。
関越自動車道上里スマートICより0分。
駐車場乗用車 140台、バス11台
営業時間平日:10:00~18:00
土・日・祝日:10:00~19:00
併設カフェ、ビュッフェ、ショップあり
「上里カンターレ」の詳細情報はこちら

8. まとめ

いかがでしたでしょうか。

やっぱり私の一押しは、静岡県御殿場市にあるキリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所です。
「富士山麓うまさの秘密体感ツアー」は、シアタールームでプロジェクションマッピング鑑賞、ウイスキーに含まれるいろいろな香りを体験する「香りの体験」コーナー、蒸留や熟成のプロセスやパッケージングの現場を見て回った後に試飲までできる、見所満載のツアーです。
とくに私が「ここがいい!」と思ったポイントは、

1. 見て分かる熟成
ウイスキーを樽に詰めた直後の状態と熟成した状態が並べて展示されていて、色と量の変化が分かるようになっています。

2. 見て触れる蒸留器
実際の蒸留器とプロジェクションマッピングのコラボレーションがおもしろく、見た後には蒸留器を見るのも触るのも力がこもります。

3. 香りの体験
ウイスキーの香りを構成する4種類の香りを体験できます。工場見学で嗅覚を使う体験はめずらしいです。

4. 試飲
五感をフル活用して見学した後のウイスキーはおいしさが違います。

5. 限定グッズ
ファクトリーショップには、ウイスキーからグラスまでいろいろな限定グッズがあります。

空気も景色もいい環境で、見る・聞く・触る・飲む・嗅ぐの五感をフル活用した工場見学は、日常を忘れてリフレッシュするのに最適です。

続いて、私が気になる工場をいくつかご紹介します。
工場見学のランキングによく出てくるところから、ちょっとマイナーなところまで、独断と偏見でいろいろ揃えてみました。

■JAL工場見学 Sky Museum(東京都)
格納庫の見学では大迫力の飛行機が間近に見れて、一緒に撮影もできます。
展示コーナーでは制服を着て記念撮影ができるので、インスタ映えまちがえなし!

■カップヌードルミュージアム横浜(神奈川県)
チキンラーメンを小麦粉から作ったり、好きなスープ&トッピングのカップヌードルを作ったり、身近な商品を自分で作っていく楽しみがあります。
NHK連続テレビ小説「まんぷく」の予習・復習になるかも!

■ガトーフェスタハラダ本社工場(群馬県)
お洒落工場で、無料なのに試食が充実した工場見学。無料ドリンクコーナーまであります。
ラスクになる前のフランスパンは直営店でしか買えません!

■めんたいパーク大洗(茨城県)
関東では貴重な、できたてほやほやの生明太子が食べられます!

■白百合醸造(山梨県)
・共同作業をすることで、二人の距離が縮められる
・オリジナルの作品が作れるため、二人だけのお土産が手に入る
・ワイナリーの周辺も楽しめるので、デートコースにピッタリ!

■上里カンターレ(埼玉県)
・ICを降りてすぐなので、立ち寄りやすい
・ちょっと工場見学もできて、お買い物やスイーツビュッフェまで楽しめる
・乳幼児や子供向けのスペースが充実していて、小さなお子様がいても安心して利用できる

工場見学には、

  • 見たこともないものが見られる
  • 知らなかったことを知れる
  • おいしいものを飲食できる

という、実際に現地で体験しないと味わえない、いろいろな楽しみがあります。
それだけではなく、私がキリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所の見学で「天使の分け前」の展示にこだわってしまったように、「他の人は面白くないかも知れないけれど、あなたにとっては面白い」ポイントが見つかることもあります。
まずは一度、あなたにとってお気に入りの工場見学を体験してみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう